重水素減少水の分布

地球上の重水素

地球に存在する水は、おおよそ150ppm(1リットル中に150mg)の重水素(D2O)を含みます。

しかしながら僅かではありますが、重水素は質量が重いため、地球の重力の大きな場所に集まりやすい性質があります。つまり、赤道付近や海底などが重水素が多い場所にあたります。

世界地図

国名 国名 重水素濃度(ppm)
摩周湖 北海道(日本)
145.2
富士山の伏流水 静岡県(日本)
144.2
高野山 和歌山県(日本)
148.1
海洋深層水(水深344m) 高知県(日本)
156.0
沖縄 沖縄県(日本)
152.0
セブ島 フィリピン
156.5
レイキャビク アイスランド
147.6
南極 南極
136.2
チチカカ湖 ペルー
138.4
ナイアガラ・オンタリオ湖 カナダ
148.1
マッキンリー アラスカ
115.0
サイパンの海水 北マリアナ連邦
155.9
ハワイ アメリカ
154.2
カテゴリー: 重水素減少水   パーマリンク

コメントは受け付けていません。